整形でバレないようにするべき事をご紹介します。

夢の二重をゲットしたが…失敗


 お世辞にも可愛いとは言えない容姿。

頑張っておしゃれして女子受けはいいけど、彼氏ができない。

容姿に自信が持てなくて、男性と話すことが苦手。


そんな悩みを解決し、人生を変えたくて二重瞼に整形する事を決意する人が近年急増しています。

昔より整形は身近になりました。

整形大国の韓国では、卒業祝いに、整形を親から子へプレゼントされると聞いたことないですか?


容姿というのは、それだけ人生を左右するものだと思います。


諦めずに整形までして、人生を変えようとする人を馬鹿にしてはいけません。

整形するにはそれだけの覚悟が必要ですし、お金もかかります。

親からもらった体にメスを入れるなんてというような古い考えも残っているし、罪悪感も感じてしまうかもしれません。


それを乗り越えて、整形する人もいると思います。


それだけの覚悟で整形するからには、絶対人生を明るいものにしたいですよね。



それなのに、整形は成功したのに、精神的に病んでしまう人もいます。

それは、周囲に整形した事がバレる、もしくは信頼して話していた友人が周囲にバラしてしまう等です。


多かれ少なかれ、整形する事に後ろめたさを感じている人も多くいます。

職場や知人にバレないように綿密に計画をねったつもりだったが、想定外の事が起こってしまいバレてしまった。

単に計画をほとんど立てずに実行して、職場の人にバレてしまう。

信用して相談していた友人が、周囲にバラシてしまう事もあります。女の友情はもろいものです。人に弱みは握られないのが無難です。

そうして、職場にいられなくなってしまったり、皆に見られているんじゃないかと外を歩くのが恐くなってしまったりと、精神的に病んでしまう場合もあります。

男性の中には彼女が整形したことを知りたくない人もいると思います。

そんな人にバレてしまったら、別れを告げられる場合もあります。

人生を好転させようと思っていたのに、どん底だ…なんてならないように二重に整形するなら、しっかり計画をたてなければいけません。



基本的に整形する事は、誰にも言わない方が身のためだと思います。

人間秘密があってもいいと思います。

謎が多い女性はミステリアスでモテ要素になると言いますし、二重に整形したことは謎の一つにしておいてもいいのではないでしょうか?

相手が彼氏や夫など愛する人であっても、お互いに知らないことがあってもいいと思います。



整形は悪い事なのかというと、悪くないし自己責任だと思います。


世の中、整形でもナチュラルでも美人や可愛い人が得をするのが、現実だと思います。


美人の方が優遇されるていると思った事ないですか?


容姿はいまいちでも性格が良ければ!と思うかもしれません。

でも、性格のいい美人もだくさんいるのです。

美人は基本的に性格が良くて明るい人が多いと思いますし…。


自分の人生です。

現在の容姿で、自信がもてず性格が暗い、彼氏がでいた事がない、このままだと一生一人の可能性高い、成功したい、そのためには容姿磨きが必要という人が整形を考えて決意したのなら、人生を変える良い選択がと思います。

ただ、バレないようにする計画が大切だと思います。

二重整形でバレない計画


 整形するなら周囲にバレないようにしましょう。

気を付けるのは、手術をした当日から1ヶ月が勝負だと思います。


【 二重に整形 後悔しないための計画 】


●まず、二重の整形自体失敗しないように実績(症例数)のある大手の病院を選びます。

格安の病院は避けましょう。

はじめての二重の整形なら、切開法より埋没法をおすすめします。

切開法は修正が難しいですが、埋没法は修正ができます。

埋没法がどうしても向いていない人は、切開法を選択します。

医師と相談しましょう。


●カウンセリングを受ける。

しっかりと自分の希望を伝えましょう。

カウンセリングが丁寧ではないようなところは、有名でも少し検討して他の病院のカウンセリングもうけてみましょう。

二重幅は広すぎると不自然になってしまう事があります。

自分のもとの目と、全然違うというも整形したことがバレてしまう原因の一つです。

あくまで自然にするために、プロからのアドバイスもしっかり聞いた方がいいでしょう。


●整形する病院が決まったら、1週間休みを確保する。(それが難しい場合、最低4日は連休があった方がいいです。)

休みは長期であればあるだけ良いです。

二重に整形した後2〜3日は、人に見せられない程の腫れや内出血がでてしまう人もいます。

また、腫れが少なく1日泣きはらした程度の腫れの人もいます。

普段から体質的に、けがをすると腫れやすかったり、内出血ができやすい人は要注意です。

施術する病院にもよるので、カウンセリングでダウンタイムについても良く聞いておきましょう。

バレる原因として、この術後の休日数を確保していなかったという例が多いです。

「こんなに腫れると思わなかった。」と金曜日の仕事帰りに手術して土日でなんとかしようと思ったけど、無理だった。

なんてならないように休みを確保しておいてください。


●手術当日はサングラスと帽子を持っていく

術後は妖怪のようになってしまう人もいます。

サングラス(なければ眼鏡)や帽子は必須です。

ホテルなどに宿泊する場合は、なるべく病院の近くにしましょう。


●休暇明けは、眼鏡を使用したり前髪で隠すなどしてあまり露出しない

今はPC用やUVカットの目的の眼鏡もあります。

視力が良くても、普段から眼鏡をかける人という印象を、二重に手術する前から印象付けておきましょう。

そして、前髪は伸ばす。目にギリギリかかかる程度にしておきましょう。

さらに眼鏡もかけるとまぶたが見えにくくなるのでバレにくくなります。


●「整形した?」の質問には絶対にYESといわない。

認めてしまったらおしまいです。

「強力なアイクリームを試したら腫れてしまった。」など、ごまかしとおします。

目が一時期腫れていた事なんて、みんな忘れていきますが、整形したという事を認めてしまったら、一生記憶されてしまいます。

 

サイトマップ